令和4年度より学科改編を行います

本校は、令和4年度入学生より下記のとおり学科を改編いたします。

  • 総合ビジネス科 入学後に商業・情報の専門を選択して就職・進学をめざす商業学科(3クラス)
  • 国際ビジネス科 商業と英語活用能力を伸ばしながら、就職・進学をめざす商業学科(1クラス)
※情報ビジネス科・情報システム科・国際教養科の3学科は、令和4年度以降の募集を行いません。

どちらの学科も単位制の特徴をいかして、興味や関心、進路を実現するための選択科目を選ぶことができます。たとえば、就職をめざして商業科目を充実させ資格や検定にも積極的に挑戦したり、看護職をめざし進学するために理科や数学に重点をおいて学んだり、経営・経済・商・国際関係などの社会科学系大学をめざして英語や国語、社会を選択したりと、必要な科目を組み合わせて学習することが可能です。進路目標と学習計画をたて、それぞれの学科のもつ専門的な学習と、生徒自身が必要とする学びの相乗効果により、生涯を通じて活用できる能力を育みます。

総合ビジネス科 120人

 商業と情報に関する知識・技術を習得し、企業や組織の一員として活躍する人材を育成します。商業科目が充実しており、情報分野(プログラミング・ネットワーク等)に関する科目も豊富です。1年次で商業の基礎・基本をしっかりと固めたうえに、2年次から商業または情報の専門的分野(簿記会計、情報システム、ビジネスマネジメント)を選択し、発展的な学習をつみあげます。商業または情報の知識・技能を軸にして、めまぐるしく変化するビジネス社会で活躍することができる資質を身につけます。

  • 【簿記会計】企業経理の力を身につけ、将来は企業や自治体などで力を発揮したい、会計士や税理士をめざしたい
  • 【情報システム】プログラミングやデータ分析力を身に付け、将来はプログラマ・SEなどICT分野で活躍したい
  • 【ビジネスマネジメント】幅広い知識を身につけ、将来のキャリアにいかしたい、地域産業の創出や活性化に貢献したい

【取得をめざす資格(選択科目含む)】  ITパスポート / 日商簿記検定2・3級 / 全商簿記実務検定1・2級 / 全商情報処理検定(ビジネス情報部門)1・2級 / 全商情報処理検定(プログラミング部門)1・2級 / 全商ビジネス文書実務検定1・2級 / 全商英語検定1・2級 / 全商珠算電卓実務検定1・2級 / 秘書検定2・3級 / 全商商業経済検定1・2級 ほか(商業系クラブ活動での学習とあわせて、より高度の資格等に挑戦することができます)

国際ビジネス科 40人

 商業の知識・技術と英語活用能力の習得をめざし、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。英語科目が充実しており、商業科目だけでなく普通教科も選択しやすくなっています。商業は、簿記会計やオフィス系アプリケーションの利用技術、ビジネスマナーやビジネス英語を学習するとともに、地域の産業や観光ビジネスについて見識を深めることができます。英語は、少人数やチームティーチングで授業をおこない、「4技能5領域」といわれる聞く・読む・書く・話す(やりとり/発表)能力を育みます。国際的な視野をもち、地域から世界に目を向け、今後ますますグローバル化するビジネス社会で活躍することができる資質を身につけます。

【取得をめざす資格(選択科目含む)】 実用英語技能検定2級 / 日商簿記検定2・3級  / 全商簿記実務検定1・2級 / 全商情報処理検定(ビジネス情報部門)1・2級 / 全商ビジネス文書実務検定1・2級 / 全商英語検定1・2級 / 全商珠算電卓実務検定1・2級 / 秘書検定2・3級 / 全商商業経済検定1・2級 ほか(商業系クラブ活動での学習とあわせて、より高度の資格等に挑戦することができます)

お問い合わせ

 詳細については、8月1日以降に当ホームページの「学科紹介」を更新いたします。また、今年度の学校案内については7月末発行の予定です。お問い合わせは、担当の福田または教頭の川上までご連絡ください。TEL:0598-28-3012(総務)

お知らせトップへ戻る